もしもアフィリエイトでアマゾンアソシエイト・プログラムに参加してみよう! 誰でも簡単副業ブログ

未分類
Pocket

 

Sui
Sui

今回は前回に引き続きもしもアフィリエイトについてやっていきます。

今回はアマゾンアソシエイト・プログラムについてやっていきます。

審査に通るコツ等を詳しく解説していきます。

 

アマゾンアソシエイト・プログラムに落ちた人。
もしもアフィリエイトからアマゾンアソシエイト・プログラムに参加したい人
とにかくアマゾンアソシエイト・プログラムに参加したい人
初心者ブロガー
アフィリエイト初心者
審査の対策を知りたい方

今回は以上の方を中心に見てもらいたい内容です。

では順番に解説していきます。

スポンサーリンク

アマゾンアソシエイト・プログラムについて

まずはアマゾンアソシエイト・プログラムについての説明です。

アマゾンアソシエイト・プログラムとは

いわゆる広告枠です。

アマゾンで販売されている、商品ページをアフィリエイトリンクで貼ることによって、買われた額の2~8%を報酬として受け取ることができるシステムになります。

パーセンテージについては基本的にジャンルなどによって様々です。

ASP仲介とamazonから直接提携申請、どっちがいいの?

正直いうとASP仲介したほうがいいと思います

理由としてはまずもしもアフィリエイトの場合ですが報酬にもしもアフィリエイトから12%の報酬が追加されます。この時点でもしもアフィリエイトからの申請のほうが良いのは歴然です。

12%というのは正直アフィリエイターなら馬鹿に出来ない数字だと思います。

もしもアフィリエイトを使う人が多い理由もよくわかりますね。

アマゾンアソシエイト・プログラムの審査について

amazon直申請の場合と、ASP仲介の場合、審査が異なることが多いようです。

なのでamzonで申請に受かっても、ASPからの提携申請は落ちるということもありえているそうです。

というかこの記事を見てくれている人の殆どは、アマゾンに直申請して落ちたひとが多いと思います。

そんなときは、もしもアフィリエイトを使いましょう。

一般的に言われてるので定かではありませんが、ASPを通した方が審査はゆるい傾向というか、受かりやすい傾向にあるようです。

報酬も12%増されるので悪いことのが少ないです。

この際、もしもアフィリエイトに変えてしまいましょうw

では実際にアマゾンへの提携申請の出し方を、もしもアフィリエイトにてやっていきましょう!

もしもアフィリエイトでアマゾンアソシエイト・プログラムに提携審査手順

まずはもしもアフィリエイトを開きます

もしもアフィリエイト - がんばる個人のためのアフィリエイト 初心者にも
個人特化型アフィリエイトサービス。使用料、手数料無料。業界最高水準の報酬額を実現。最大12%アップのW報酬制度。初心者から上級者まで幅広く丁寧にサポート。もしもアフィリエイトは「がんばる個人」を応援します。

こちらのバナーから開けます。

まずはこの画面に切り替わったかと思います。

メディア会員ログインをクリックします。

ログイン情報入力画面に切り替わったかと思います。

ログインIDとパスワードを入力します。

入力を済ませたらログインをクリックします。

ログインに成功したら、こちらの画面に切り替わると思います。

真ん中上部にある、検索バーにアマゾンとカタカナで入れましょう。
何故か『amazon』では検索に引っかかりませんでしたw

入力したら、検索をクリックします。

こちらの様に1件検索に引っかかったと思います。

ピンクの枠で囲った、提携申請するをクリックします。

クリックしたらこの様にピンクで囲った部分が申請中に切り替わると思います。

こちらまで行ったら申請完了となります。お疲れ様でした。

次の項目では審査についてすこし話をしていきたいと思います。

amazonの審査とは

審査の前に最低限やっておくこと

まずは記事の本数についてです。

最低限10本は作っておきましょう。正直30とかほしい気もしますが最低限10本で通った人など聞いたことはあります。逆にそれ以下は聞いたことないですw

クオリティとしては最低限1000文字はキープしましょう。

なるべくであればamazonに対してこのブログ提携したらamazon側にもメリットがあると感じるサイト作成を心がけましょう。

アドセンスの申請基準にもあるようにユーザーファーストの精神で作成しましょう・

審査基準について

正直明確にされていませんが色々調べた所では、やはり物販系や商品訴求ページがうまく書かれているページは受かりやすい様に思います。

ただあくまで個人での分析であり一切審査基準について明かされてないので、過信はしすぎないようにしてください。

ただ、一つ言えるのは、ユーザーにとってメリットがないブログに関しては提携する価値がないと言われ、amazonとの提携が見送られると思います。

オススメの対策

オススメの対策方法についてまとめます。

記事の本数を増やす(最低10本。30本を目標にしましょう。)
記事のクオリティを高める。
記事の更新頻度を高める
物販系記事を増やして、amazon側に提携するとメリットがあると思われるページ作りを心がける

以上となります、正直最低限必要なことばかりになりますが、こなせていないかたは一つ一つクリアしていきましょう。

まとめ

今回の記事はもしもアフィリエイトでのアマゾンアソシエイト・プログラムへの提携方法等をまとめていきました。

大事なことはまとめに書いてあるとおりになりますが、特に大事なのは、やはり、アフィリエイト中心のページを作るというよりは、ユーザーの気持ちに寄り添ったブログ作りかなと思います。

正直そこを忘れた人のブログはただの商品情報ページに変わります。

見て貰う人については、画面の前にいるのは機械ではなく、人だということをきちんと理解した上でページを作成していきましょう!

Sui
Sui

今回は少し長めに審査やブログのあり方等を書いていきました。

どれも重要なことなので、初心を忘れずに頑張っていきましょう!

投稿者のプロフィール
未分類
スポンサーリンク
Suiブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました